■アクセスカウンター    総コメント数:  総記事数: 色々やっちゃるぜ! 【フリーソフト】WindowsXPを高速化【紹介】

色々やっちゃるぜ!

このブログではXという人物が、 PSPのことやPCのフリーソフトやサイト、 さらには自分の気になった記事や、創作物等々色々やっちゃいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)| 管理者用記事編集

【フリーソフト】WindowsXPを高速化【紹介】

自分は面倒くさそうなのでやりませんが、一応紹介だけしておきます。

ちなみにこのソフトは

システムファイルの読み込みを最適化することで
Windows XPの起動を高速化することが出来る

らしいです

TuneXP
ウィンドウズXPの起動ファイルを ハードディスクの読み取りが速い外周部分に再配置して起動を高速化し、又レジストリデーターの高速化設定でウィンドウズを全体的にパフォーマンスアップします。 他にウィンドウズを最適化する プリフェッチフォルダをクリア、ブートファイルをデフラグ、システムファイルチエッカー ( システムファイル修復 ) 等があります。

http://mikasaphp.net/tunexp.html

「TuneXP」v1.0
 システムファイルの読み込みを最適化することでWindows XPの起動を高速化できる「TuneXP」v1.0が、5日に公開された。Windows XP専用のフリーソフトで、現在作者のホームページからダウンロードできる。

 「TuneXP」は、システムファイルの読み込みを最適化することでWindows XPの起動を高速化できるソフト。まず初回起動時に、Windowsのシステムフォルダを指定する必要がある。メニューの[Ultra-fast booting]を選択すれば、システムフォルダ全体をハードディスクの外周に書き込んだあとにデフラグを実行するとのこと。つまり、読み書きが速いハードディスクの外周にシステムファイルのデータを書き移し、ファイルの断片化を排除することで、Windows XPの起動を高速化しようという試みだ。また、OSやアプリケーションのデータを先読みするWindows XPの“プリフェッチ”機能のキャッシュや、DNSキャッシュの最適化もできる。さらに、ハードウェアがCPUに処理を要求する際に必要な識別番号“IRQ(Interrupt ReQuest)”の伝達を最適化する機能を搭載。なお、システムフォルダのデータを書き移している間に、パソコンを再起動したりなんらかのトラブルが発生すると、システムファイルが破損してパソコンを起動できなくなる場合もあるので注意。

【著作権者】David Hanefelt Kristensen(DriverHeaven) 氏
【対応OS】Windows XP
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】1.0(04/04/05)

□DriverHeaven.net - News
http://www.driverheaven.net/

http://www.forest.impress.co.jp/article/2004/04/09/tunexp.html
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

X

Author:X
どうも、Xです
Xの由来は、
数学でxはわからない数字
→HNどうしよ…
→もうχでいいんじゃね?
→あぁ、英語の名前の最初って大文字だったな
→Xの完成!
みたいなノリですw

ログイン状態

Twitter
コメント・トラバ・総記事数
コメント数:  トラバ数:  総記事数:
応援しています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。